症状固定の問題点

診断書交通事故によって負ったケガの治療効果が見込めなくなった、悪化することもなくなったという状態が症状固定なのですが、そもそも症状固定によって何が問題になるのでしょうか。治療効果のない治療をそれ以上続けたとしてもそれは意味のない治療ということになりますし、不必要な治療になりますからこれは加害者が賠償すべき損害ではありません。つまり、症状固定になってしまうと保険会社から治療費を打ち切られてしまうという問題があります。もう治療の必要はないでしょうから治療費は打ち切りしますよ、と保険会社から伝えられてしまうのです。

基本的に保険会社はなるべく早く症状固定したいと考えています。理由は簡単で、少しでも出費を少なくしたいからです。交通事故の被害者がいつまでも治療を続けているとなると当然保険会社が負担する金額が大きくなってしまいますし、それは保険会社にとってあまり喜ばしいことではありません。負担がどんどん増えてしまうだけですから、できるだけ早く症状固定してほしいと考えているのです。そのため、まだ症状固定していない状態であっても保険会社のほうから「そろそろ症状固定ですよね」などとアプローチしてくることもあります。最後に、固定前の治療費打ち切りについて説明します。