固定前の治療費打ち切り

弁護士まだ症状固定していないのに治療費の支給を打ち切られてしまうということもあります。実際こうしたことは珍しくありませんし、保険会社が半ば強引に症状固定だと言い張って治療費を打ち切ろうとすることはあります。これは大手の保険会社でもそうですし、勝手に治療費の打ち切りをされてしまうことがあるのです。このような場合にどのような対処をすればいいのかということですが、ベストなのは弁護士に相談することです。弁護士に相談して正式に依頼すれば適切な対応をしてくれます。

保険会社もプロフェッショナルですから素人に言い負かされるようなことはありません。症状固定ではないと言ってもなんだかんだと理由をつけて治療費を打ち切ろうとしてきます。しかし、弁護士なら法律のエキスパートですしそのような言葉に騙されることもありません。主治医からもきちんと意見を聞き、保険会社が一旦治療費の支払いを打ち切ったとしても後からかかった治療費を請求するということが可能になります。多くの方は保険会社にいいように言いくるめられてしまいますが、弁護士に相談して正式に依頼すればきちんとそれなりの対応をしてくれます。これはぜひ覚えておいてほしいですね。

【参照サイト】https://www.ko2jiko.com/flow/
交通事故被害者救済サイトでは、交通事故の示談相談を受け付けています。

症状固定の問題点

診断書交通事故によって負ったケガの治療効果が見込めなくなった、悪化することもなくなったという状態が症状固定なのですが、そもそも症状固定によって何が問題になるのでしょうか。治療効果のない治療をそれ以上続けたとしてもそれは意味のない治療ということになりますし、不必要な治療になりますからこれは加害者が賠償すべき損害ではありません。つまり、症状固定になってしまうと保険会社から治療費を打ち切られてしまうという問題があります。もう治療の必要はないでしょうから治療費は打ち切りしますよ、と保険会社から伝えられてしまうのです。

基本的に保険会社はなるべく早く症状固定したいと考えています。理由は簡単で、少しでも出費を少なくしたいからです。交通事故の被害者がいつまでも治療を続けているとなると当然保険会社が負担する金額が大きくなってしまいますし、それは保険会社にとってあまり喜ばしいことではありません。負担がどんどん増えてしまうだけですから、できるだけ早く症状固定してほしいと考えているのです。そのため、まだ症状固定していない状態であっても保険会社のほうから「そろそろ症状固定ですよね」などとアプローチしてくることもあります。最後に、固定前の治療費打ち切りについて説明します。

交通事故と症状固定

事故誰がいつ交通事故に遭うかは分かりませんし、ある日突然自分が交通事故の被害者になってしまうということもあります。気が付いたら病院のベッドに上に寝ていた、事故から数日たっていたという経験をしたことがある方ももしかするとおられるかもしれませんね。こうしたリスクは誰もが抱えていますし、いつ重大な交通事故に巻き込まれて大変なケガを負ってしまうか分かりません。交通事故は我々にとってもっとも身近なリスクの一つなのです。

交通事故の被害に遭ったときには保険会社と示談交渉を行うことになりますが、ここで重要なポイントとなるのが症状固定です。症状固定という言葉を耳にしたことがある方もおられるかもしれませんが、交通事故の示談ではこの症状固定が一つの大きなポイントとなることをまずは覚えておきましょう。症状固定とは治療を続けても大幅な改善を見込むことができず、治療を終了しても症状がそれ以上悪化しないような状態のことを指します。

交通事故で受けたケガの治療をしていて、途中から症状が改善しなくなった、それ以上悪化することもなくなったという症状が固定された状態を症状固定と呼んでいます。では、どうしてこの症状固定が交通事故の示談における大きなポイントとなるのでしょうか。ここでは、そのことについて詳しくお話したいと思いますから気になった方はぜひ最後まで目を通してください。今後いつ自分が交通事故の被害に遭うか分かりませんから覚えておいて損はないと思います。